東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 非公開の実務者協議の内容を公開しかも「嘘」
2019年1月17日 : 非公開の実務者協議の内容を公開しかも「嘘」

レーダー照射(ロックオン)事件。
解決のため、日韓の実務者が協議した。これまで、自衛隊と韓国の軍隊は信頼の元、相互に協力をしてきたので、難局打開に期待が寄せられた。
しかし、協議は平行線で解決には至らなかった。
この協議は「非公開」を前提として行われ、そのように約束された。
ところが、韓国側はこの約束を破り、その内容を公表してしまった。しかも、「嘘」の公表をした。
「韓国艦船が脅威を感じるような飛行を日本の哨戒機がしたことを、日本が認めた」と公表。この内容は、全くの虚偽である。
日本側は「信頼関係は、完全に崩れた」と言う。
韓国は「どうせ、日本には憲法第9条があるから、攻撃できない」と、舐めて、やりたい放題。
こうして、韓国だけが言いたいことを言い、「嘘も百篇言えば本当になる」を目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA