東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 葬儀をやらないと裁判!?
2012年9月21日 : 葬儀をやらないと裁判!?

実際にあった事。NPOに葬儀を依頼していた契約者が亡くなり、遺族がそのNPOに葬儀の依頼をしてきた。この方は、高齢であり親族もほとんどいないため・・・直葬での簡素な葬儀を希望し、そのように契約をしていた。NPOではそのように手配を進め。火葬場も手配した。遺族は菩提寺にも連絡し礼儀を尽くそうとした。
ところが、その菩提寺の僧侶、「自分の寺で葬儀をやらないと駄目だ」と言ってきかない。そのうちに怒り出して「裁判をするぞ」と脅す始末。それを聞いたNPOの代表、すぐにその菩提寺に電話した。具体的に何をどのように話したのかは不明であるが。当然、菩提寺は大人しくなってしまった。・・・檀家は必ずその菩提寺で葬儀をやらなければならない・・・なんて法律はないのだから。
大人しくなったその僧侶「せめて、火葬の時に釜前のお勤めくらいはさせてもらえないでしょうか?」急に下手になってしまった。するとNPOの代表「来なくて結構!」とガツンとやってしまった。哀れな僧侶・・・「そうですか、ハイ、わかりました」・・・なんて恰好悪い僧侶か。このお寺、川崎にあるお寺です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA