東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 民進党の杉尾秀哉議員の質問は酷い
2018年3月17日 : 民進党の杉尾秀哉議員の質問は酷い

民進党、杉尾秀哉議員の質問は、印象操作だらけで、もはや、まともな国会の質問とは言えない。
「為公会」のパーティーで2,500人が参加。そのうち、約500人が麻生太郎大臣と記念撮影をした。足元には「為公会」の文字がある。
しかし、倒閣に利用したい杉尾秀哉は、足元の「為公会」の文字の部分を切り取り、籠池と一緒に撮った写真を出した。事前通告なしで。
そして、これを、麻生太郎大臣と籠池が友人である事の証拠だと主張した。
—-卑怯すぎる。
また、太田理財局次長に、「理財局には、もう一人自殺した職員がいる。」—-まるで、森友問題で二人も自殺したかのように主張した。
この人には死者の冥福を祈る—-とか、遺族の気持ちを慰るとかいう気持ちは無いのか?
デリカシーの無い人間である。
因みに、もう一人の自殺者は、森友問題とは無関係。
国会の質問が、まるっきり、倒閣運動の一環だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA