東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 共産党が国会開会式典に出席
2016年1月5日 : 共産党が国会開会式典に出席

国会の開会式で天皇陛下がご臨席される。このセレモニーには、共産党はいつも欠席していた。理由は「天皇制を認めない」から。しかし、強い安倍自民党に対抗するため、野党の統一会派を結成するという。このことが決まったら、他の野党に合わせて開会式に69年ぶりに出席した。つまり、イメージを払しょくするために、信念を曲げたということ。
同様に民主党は、維新の党と合併して「党名変更」を行うという。党名変更は、「負のイメージを払しょくするため」という。党名を変えただけではイメージは変わりません。建設的な意見の言える政党にならなければだめです。しかし、「負のイメージ」があることは自覚しているようです・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA