東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 中国のスパイが逮捕された
2015年3月21日 : 中国のスパイが逮捕された

このほど、中国のスパイと思しき人物が逮捕された。貿易会社の社長(62歳)で、この人は、中国人民解放参謀本部と定期的に連絡をとっていた。日本の複数の機械工業メーカーとも接触をしている。この機会工業メーカーは軍事転用の技術を持っている会社。・・・・こうなれば、スパイと決まったようなもの。
しかし、残念ながら、日本には「スパイ防止法」はない。だからスパイ容疑で罰することはできない。この人物が逮捕されたのは「外国人登録法違反容疑」・・・軽い罪です。
軍事機密や外交上の機密などの「国家機密」は、仮想敵国に漏れれば、内容によっては、国の存続を危うくします。世界ではどの国でも「スパイ防止法」は当たり前に持っています。そしてスパイには厳罰が下されます。何故?日本にはないのでしょうか?理由は、日本には沢山スパイがいて「スパイ天国」と言われています。そのスパイが「スパイ防止法制定反対」と言っているからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA