東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 世界を救った麻生太郎首相
2015年1月4日 : 世界を救った麻生太郎首相

1908年、米国は大きな試練に見舞われた。所謂「リーマンショック」により、経済は大きな打撃を受けた。ドルは失墜し、ドルの価値は急落した。ところが、この問題は世界中の国にも影響した。多くの国も経済が悪化し、デフォルト宣言をする国が続出した・・・。もはや、世界恐慌が予想された。
この時、「俺が動かないと世界はダメになる」と、静かに動いた人物がいる。・・・日本の総理大臣「麻生太郎」である。
麻生首相は、ブッシュに電話し「日本には1000億ドルの融資の用意がある」と語った。その後のG20において、議長のブッシュは、真っ先に、麻生首相にコメントを依頼した。麻生首相は、「日本は1000億ドルの経済的出動を行う準備がある」「但し、条件がある15の経済政策を世界の国々は実行してほしい」・・・と迫った。すぐさま、中国が反対した。フランスのサルコジ大統領も反対した。「いつまでも、ドル中心ではいられない」と・・・。しかし、麻生首相は「今の状況を放置したら、アフリカなどの国々は次々と経済破綻してゆくでしょう。フランスにはその国々を補う予算の準備はありますか?」するとサルコジ大統領は「そのような準備も計画もありません」・・・・、協議の結果、麻生首相の15の政策の提案のうち12が採択され、日本の1000億ドルの経済出動に頼ることになった。一方、日本の国内では、麻生首相はこの「世界救済のための経済支援」を国会にいて通過させなければならない、また、国家予算も通過させないといけない。しかし、この混乱の最中、民主党は審議拒否をし、一向に審議は進まない。水面下の野党との協議の末、民主党が提案した「衆議院議員を解散するという条件なら、審議に応じる」という条件を飲み、経済支援を決め、予算を決め、・・・その後、解散した。・・・自民党は惨敗したため、自民党は野党に転じ、麻生首相も自民党総裁と総理大臣の椅子を失った。しかし、その後、世界経済は回復していった。
世界を救った、この一件は、ほとんどの国民は知らない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA