東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 「万引き家族」という映画
2018年6月15日 : 「万引き家族」という映画

公権力から2,000万円貰って、「万引き家族」という、犯罪を礼賛し助長するような映画を作ったのが是枝裕和監督。更には、公権力から「パルムドール」を受賞した。このように公権力から頂けるものは、目いっぱい頂いた末・・・・何と、日本政府からの「祝意」は断った。・・・何だか、お小遣いをいっぱいせしめた悪ガキが親の言うことを聞かず、悪さをしているように見える、
更に言えば、この映画・・・万引きをやって、家族の絆が深まった・・・などと、言っているらしい。犯罪助長に見える。日本人の感覚には馴染まない。で、そう思ってみると、・・・どうやら、日本人ではないらしい・・・。
というのは、食事中に女性が立膝をついている。これは、日本人の習慣にはない。よその国なら、あるでしょう・・・これは、よその国の人達の物語だと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA