東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > STAP細胞はあるのか?
2014年4月2日 : STAP細胞はあるのか?

STAP細胞について・・・。すべての個体は、まず設計図があって、部品を創り、その部品を組み立てて物を造る。これは変わらない。熟練した職人であれば、その設計図は頭の中にしっかり記憶されていて。明確な図になっていなくても造ることができる。・・・可視化の可・不可にかかわらず設計図は必要。
このことを肯定するか、否定するのか・・・これは重大な問題。・・・というのは、人間の生命や宇宙そのものに設計図はあるのか?という問題になる。「ある」といえば、これは宇宙の創造主たる「神」を認めることになる。
しかし、創造主を認めなければ、この設計図はないことになり・・・宇宙や生命は偶然にできてしまった・・・ということになる。これは宗教的な問題になる。
STAP細胞とは、ある細胞に、他の部分細胞の設計図が入っているということ。
・・・明確な見解は軽々には言えない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA