東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 安倍総裁、朝日新聞論説委員を公開説教
2019年7月4日 : 安倍総裁、朝日新聞論説委員を公開説教

党首討論会にて、朝日新聞論説委員、坪井ゆずる氏が頓珍漢な質問を連発。安倍総裁は坪井氏に公開説教。
坪井「モリカケ問題は解決したお思いですか」
安倍「長時間の審議の結果、私も妻も無関係であることがはっきり致しました」「朝日新聞は安倍晋三記念小学校と偽りの報道をしましたが、未だに訂正をしていません」
坪井「この場は、朝日新聞の記事を論じる場ではありません」
安倍「朝日新聞の捏造記事で問題になったのです。」

坪井「今回の韓国に対する経済制裁について、歴史問題を貿易問題に転化したことに対して国民は不安とを感じています」
安倍「ハッキリ言います。あなたの認識は間違っています。この問題は歴史の問題ではなく、国家間の約束を守るかどうかという問題なのです。相手国が信頼を欠く国であれば、制限をかけるのは当然のことです」(相手国の信頼を欠く行為とは、北朝鮮に日本の技術と商品が流されているということ。これは機密事項に触れるため明確に言えない)

坪井「女性天皇に賛成する人は挙手してください」
安倍「自民党とは議論の途中です。まだ明確な返答はできません。また男系女史なのか、女系女子なのかということもあります。手を揚げないからと言って反対ということではありません。印象操作はやめたほうが良い」

朝日新聞は勉強不足を露呈した。安倍総裁の公開説教は見事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA