東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 鳩山由紀夫元首相・・・クリミアで問題発言
2015年3月19日 : 鳩山由紀夫元首相・・・クリミアで問題発言

鳩山由紀夫元首相・・・またやってくれました。政府の反対を押し切って、クリミアに行き、「クリミアのロシヤ吸収は合法である。」と発言。日本の政府関係者を激怒させた。・・・というより、呆れさせてしまった。その馬鹿さ加減に。
クリミアは住民投票の結果、ロシア併合の道を選んだ。欧米は反発したが、鳩山はこれを合法とした。しかし、これは北方四島返還に大きな障害となる。もし、今、北方四島で住民投票をやったら、間違いなく北方四島は「ロシアのものになる」住みついているのはロシア人ばかりだから・・・。鳩山の発言は、これを合法と認めることに他ならない。日本人及び日本政府が長年かけて、交渉し続けたのが、鳩山元首相の一言で吹っ飛ぶのです。
かつて、沖縄の普天間基地の移転問題で苦慮しつつも、やっと辺野古移転を決めた。沖縄も了承した。しかし、あの有名な「最低でも県外」と鳩山が言ったため。全てが水泡に帰した。そして、それが今の普天間の騒動に繋がっている。
鳩は昔から「平和の使者」として親しまれてきた。しかし、この鳩は決して「平和の使者」ではない。「鳩の皮を被った鷺」に違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA