東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 韓国、GSOMIA破棄決定
2019年8月23日 : 韓国、GSOMIA破棄決定

文在寅が一線を越えた。
8月22日、韓国政府はGSOMIAの破棄を決定した。GSOMIAとは「日韓秘密軍事情報保護協定」のこと。
要するに、北朝鮮のミサイル情報などを共有すると言うもの。
この協定は韓半島の安全保障、東アジアの安全保障上、極めて重要な協定。それを、何を血迷ったか、「破棄」するとは・・
ポンペイオ国務長官も「深い懸念と失望を覚えた」と発表した。
しかし、実はこの協定を破棄しても、日本には左程影響はない。何故なら、韓国から頂く情報は、アメリカも得ており、困ることは無い。困るの韓国。
このままでは、米日韓の同盟は崩壊する・・・否、もう崩壊しているように思える。
これで文在寅は念願の「従北的南北統一」に踏み切れる・・・
アジア情勢は一気に不安定になってゆく。
ところが、ここにきて、北朝鮮の態度が急変。
文在寅を冷たくあしらい、突き放した。・・・・理由は?
先の米朝会談は、歴史的な失敗に終わった。それは、文在寅が米朝両国に楽観的な情報を与え、その結果、両国首脳会談は物別れに終わった。このことにより、金正恩は文在寅を信用しなくなった。無能と評価するようになった。
金正恩は、直接米国大統領と交渉することを選んだ。また、それが出来る状態になってきた。
最早、文在寅は世界で誰からも信用されない、孤立無援の状態になりつつある。
韓国のドル決済残高も底を尽きつつある。韓国経済の崩壊は、もう、目の前にある。・・・・文在寅に、退場してもらうしか道は無いように思えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA