東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 鈴木史郎元アナウンサー、南京事件を語る
2019年2月4日 : 鈴木史郎元アナウンサー、南京事件を語る

元TBSアナウンサー、鈴木史郎さん。この方は終戦後7年間、南京に住んでいた。現地にいたので説得力がある。
「ご長寿クイズで出会った、元日本兵。中国兵を助けたら、『戦争が終わったら、また南京に来て下さい』と言われた。」
「南京に7年間住んでいたが、南京事件の話しは聞いたことが無い。」
「日本兵は清潔好きだから、女性を襲うようなことはしない。蚤、虱、南京虫が移ってしまい、他の兵士にも迷惑をかけるから」
・・・・南京市民は日本人の鈴木さんを可愛がってくれたそうです。頭を撫でたり、飴玉をくれたり・・・もし、南京大虐殺があったら、そのようなことは考えられない。怖がるか、又は、仕返しをするはずだ・・・。そのように語りました。
その講演を聞いた女学生が質問した「学校の先生は、南京虐殺があったと言います。どのように言い返せばいいですか?」
すると、鈴木史郎さんは「先生、それは間違っています。勉強し直して下さい。鈴木史郎さんが、そう言ってました。・・・そう言って下さい」と答えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA