東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 野党のパワハラ疑惑が浮上
2018年3月31日 : 野党のパワハラ疑惑が浮上

国会証人喚問により、新たな事実が浮き彫りになってきた。
それは、野党による、パワハラである。
佐川氏の答弁によれば、「野党の質問攻めや資料請求のため、忙殺され、これが丁寧さを欠く答弁に繋がった」—-勿論、だからといって佐川氏が赦される訳ではないが—-。
太田理財局長も、「要求に応えるため、朝までかかった。今国会でも、週末は全て仕事に出ている。休んだのは、2月の三連休のうち1日だけ。」
更に、野党の酷いところば、普通、質問の通告を余裕をもって1日以上前に出す。ところが野党は、前日の夕方出したり、当日の朝出すこともあるという。
野党の過度の要求に、官僚は、休みも取れず、徹夜も余儀なくされている—-これが実情。
所謂、パワハラのブラック企業以上のブラック環境にある。それらの原因は、野党にある。
そして、パワハラを恐れて、突っ込まれそうな部分は削除した。
「丁寧さを欠いた答弁」も「文書書き換え」も野党のパワハラが原因だったのでは—-という疑惑が浮上した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA