東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 那覇・与那原の大綱引き・・・綱が切れた
2019年11月11日 : 那覇・与那原の大綱引き・・・綱が切れた

沖縄の現状に天の警告か!?
先日行われた「那覇大綱引き」と「与那原大綱引き」この祭典で使用される「大綱」はギネスにも登録されている、世界最大にして、神の霊が宿るという貴重なもの。
数百年続いてきたこの催事で異常なことが起こった。
与那原・那覇と連続して綱が切れた・・・のです。
そして、文化遺産の首里城焼失・・・・
昨日、沖縄県議会議員にお会いし、この事実を知りました。
その場には10人程の沖縄出身者も同席していました。
皆が口々に「これは、天の警告だ」・・・
県議の話しでは、左翼による辺野古の基地移設反対運動は
1、スポンサーである、関西生コンで多くの逮捕者が出て、
資金が出ない。
2、全国から集まる運動資金を着服する者がいて、資金が枯渇
し始めた。
このような理由から、辺野古に集まる活動家は極少人数になっている。マスコミの取材があるときだけ、人を集める。しかも、イデオロギーなど無関係に「唄」「踊り」を披露し、また、お弁当と交通費を支給するため、宴会気分で参加する人が大半だそうです。
辺野古の反対活動も、大きな曲がり角に来ているようです。
他にも沢山の裏情報を頂きましたが詳細は・・・ひ・み・つ・です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA