東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 近代史学ぶべし
2014年11月18日 : 近代史学ぶべし

日本の教育での大きな問題。それは、近代史をほとんど教えてくれないこと。韓国では1年のうち、3分の2を近代史を教える時間に充てるそうです。
ところが、日本では前方後円墳とか縄文時代とか、弥生時代とか・・・古代のことばかりに時間を割き、以降はサラッと流し、近代にいたっては、第一次世界大戦、第二次世界大戦をやった・・・と言うくらい。シナ事変とか教えてもらった覚えはない。小学校も中学校もいずれも同様。
私の祖父は戦争で負傷した傷痍軍人だった。私は中学生のころ祖父に聞いた「どの戦争にいったの?」祖父は「シナ事変」と答えた。「???」そんな戦争、聞いた事ない・・・戸惑ったことを今でも思い出す。
司馬遼太郎の「坂の上の雲」を読んで、自分なりに勉強したが・・・。
今日、日清戦争や日露戦争のことを勉強する機会があったので参加した。
場所は憲政記念館。日本人は、もっと近代史を学び、日本を誇りに思うべきです。
ある、ユダヤ軍人が日本兵から「国のために死ぬことほど名誉なことは無い」という言葉を聞き。イスラエル建国に立ち上がったそうです。
また、フィンランド人は「小国でも一致団結すれば大国に勝てる」ということを日本から学び、独立を成し遂げたそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA