東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 被差別部落のことを攻撃・・・・恥知らずな週間朝日
2012年10月23日 : 被差別部落のことを攻撃・・・・恥知らずな週間朝日

週間朝日が、橋下市長の批判の連載を行った。しかし、その内容は政策にたいする批判ではなく、また、本人のことでもない内容。出自がどうとか、親戚がどうとか、先祖の問題など・・・。本人とは無縁のことばかり。これにはさすがの橋下さんも怒り心頭。日本では、基本的人権は守られるように憲法に定められている。週刊朝日の記事は、完全に憲法に違反している。特に記事の中で被差別部落を特定し、あたかも、劣っているがごとき印象を与えた。人間として一番やってはいけないこと・・・。
当然、人権団体からも相当の抗議があったはず。多分、それが原因で謝罪になったのだと思う。橋下さんの会見での抗議だけだったら、謝罪には至らなかったと思う。だから、橋下さんに対しては真の意味での謝罪の気持ちがないから、謝罪文の掲載された本を送りつけただけで、手紙や文章などによる謝罪の言葉は皆無だった。
橋下さん、またまた激怒。・・・当然のことである。しかし、この人権を大切にしようという時代に、未だ被差別部落のことを持ち出して攻撃するという前近代的な手法を使う人たちがいたとは・・・信じられない。しかも、週刊誌で・・・。週間朝日の親会社は朝日新聞・・・分かったらすぐに止めさせないといけないのに知らんぷり。朝日新聞の程度がしれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA