東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 舗道機関が韓国や北朝鮮に甘いわけ・・・
2015年2月15日 : 舗道機関が韓国や北朝鮮に甘いわけ・・・

何故か、日本の報道機関は韓国や北朝鮮、中国に甘く、日本には不利な報道が多い。・・・その理由が分かった。当時、報道機関が北朝鮮の呼称を間違えたりすると、「怖い顔をした男たち」が、押しかけてきてクレームをつけたという。そして、雇用の際「在日枠」を約束させられた。報道機関は、それを呑んだ。これを繰り返すうちに、「在日枠」は固定化された・・・・こうして大量の在日がテレビ会社や新聞社に入社した。やがて、社内において「在日」は大きな勢力となり、主要なポストを占めるようになった。報道番組などのプロデューサーは特に「在日」が担当者になった。いい例が筑紫哲也。これらの番組では、積極的に「在日左翼」を出演させた。例えば福島瑞穂(当時は弁護士)。また、土井たか子を「おたかさん」と呼んで、人気を煽った。このようにして、政治にも影響を及ぼしていった。
報道機関の「在日左翼」は、当然、反日であり、韓国や北朝鮮には甘い姿勢を取った・・・。日本人は目を覚まさないと・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA