東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 米国で建立される慰安婦像・・・恥の上塗りになるかも?
2013年10月22日 : 米国で建立される慰安婦像・・・恥の上塗りになるかも?

米国の国内で韓国人団体が行政機関に働きかけ、従軍慰安婦の銅像が建立された。この銅像、他の場所にも建立する計画があり、その数20に及ぶ。しかし、建立したあと、後悔する市長も多い。・・・・というのは、遂に、日本人団体が重い腰をあげ、抗議や意見書を市長に提出し始めたのだ。
世界で行われた、差別や争いを米国内で再燃して欲しくないのだ。市長がそのような意見を表明すると、韓国人から「殺すぞ」という脅迫メールが届くようになった・・。
こうなると、もはや、犯罪の域に入ってしまう。
しかし、調査しても日本軍が韓国人女性を強制連行したという記録は出てこない。更に、私の知人は以前、慰安婦に直接会って聞き取り調査をしたが、皆、「地域の長老から言われて女衒に連れて行かれた」と証言したという。この調査結果は韓国政府の調査とは矛盾する。韓国政府の調査では、日本軍が強制的に連行したという結果になっている。しかし、この聞き取りをした慰安婦の証言は信憑性に欠ける。証言内容がコロコロ変わるから。更には、名前や住所が不明確。追跡調査ができないようになっている。
最近、東南アジアで当時の韓国人兵士の日記が発見された。その日記には、慰安婦としてプロの女性が商売で来ているという事が書かれていた。そして、軍人の10倍くらいの給与を得ていたという記録もある。
こうなると、銅像の建立は「韓国人は戦時中に兵士相手に売春をやって稼いでいた」という証拠品になってしまう。・・・・恥の上塗りになってしまうと思うのだが?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA