東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 籠池氏が詐欺師と分かって、削除した財務省
2018年3月13日 : 籠池氏が詐欺師と分かって、削除した財務省

書き換え文書問題。書き換え前の文書には、籠池の発言と、籠池の人物評として日本会議との関係、与党議員の来訪履歴などが書かれていた。—-
しかし、籠池が詐欺師であり、安倍首相、与党議員、日本会議の名前を利用して、補助金を搾取しようと目論んでいたことが判明。つまり、「似非右翼」だった。
このことに気がついた、財務省職員が、上記の内容を削除した—-と、思われる。
右翼に見せるために日本会議に入った。しかし、会費は滞納。安倍首相には会ったことも無い。
財務省も騙されたことが分かったので、恥じたのでしょう。しかも、その文書は、参考としての添付文書。だから、罪意識もなかった—-と考えられます。
野党もマスコミも、「官邸からの指示で改竄した」ということにしたいようです。
昨日も、財務省、検察を巻き込んで、そこを追求したのですが。結局、財務省は、「財務省の判断」と言うのみ。官邸が、そんな指示するわけがない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA