東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 浜岡原発を見てきた
2013年7月31日 : 浜岡原発を見てきた

7月21日のこと、榛原高校同窓会の本部総会があったので、関東支部を代表して5人のメンバーで榛原まで行ってきた。関東支部の支部長が東京電力支店長だった方ということもあって、浜岡原発を訪問してきた。
いろいろ見学させていただいたが・・・印象としては、災害対策には随分と力をいれているように思える。
津波対策としては19mの高さの津波にも耐えられるように高さ22mの防波堤を作っていた。そして、その防波堤の外側には(海側)防波林がある。もし、津波が押し寄せてもその防波林でかなり勢いは削がれるはず。その上に頑丈な防波堤・・・対策は万全に思える。勿論、何事にも100%はないのだから、油断はできない。
ところで、この浜岡原発を行政地域内に持つ御前崎市は原発のため政府からの補助金があり、市の財政は潤っていた。ところが、当時の菅首相が原発を停止させたため、補助金も無くなり、市の財政は一気に悪化した。今や議員歳費は手取りで8万円という有様。
当然、市長以下議員の大半は原発賛成派。・・・原発で財政が成り立っている自治体も多い。感情論だけで決めるのは考え物である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA