東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 沖縄海兵隊ヘリの落下物・・・やらせ確定か?
2017年12月11日 : 沖縄海兵隊ヘリの落下物・・・やらせ確定か?

ヘリコプターのパイロットが証言。
沖縄のバプテスト教会付属緑ヶ丘保育園の屋根に落下したとされる、物体の報道は、「100%嘘です」
何故なら、「その部品はセンサー保護カバーで、飛行する前に取り外すものです。万が一、取り外すのを忘れても、ローターを回した瞬間に、飛んでいってしまいます。熱くなることもありません」
この部品を撮影して、「米軍海兵隊の落とした部品で危険だ」「熱をもっていて熱かった」と、決めつけたのは、バプテスト教会の牧師金井創氏。この牧師は左翼活動家としても有名な人物。
バプテスト教会の牧師と言えば、あのシールズの奥田の父親も同じバプテスト教会の牧師です。
自作自演のヤラセ疑惑が濃厚になると、何故か、件の牧師のブログから、落下した部品の写真や、この件の書き込みが全て消された。
白状したようなものです。
しかし、神に仕える牧師が嘘のヤラセをやるとは—-信徒はどのように思うのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA