東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 沖縄は、遺伝子から見ても、日本人だ
2018年2月19日 : 沖縄は、遺伝子から見ても、日本人だ

2015年9月21日スイスでの国連人権理事会にて、翁長沖縄県知事は「沖縄の民意に反して米軍基地を押し付けられ、沖縄の自己決定権や人権がないがしろにされている。」と演説し、更には、「沖縄は先住民族だ」と言っています。
まるで、沖縄の民族は日本民族ではなく、意思に反して征服され人権を抑圧されているかのような話を拡散し、沖縄の独立を画策しています。
しかし、以下の観点から、沖縄民族は明らかに日本人であり、同じ民族です。
⑴琉球大学と北里大学の共同研究チームの研究 成果によれば、琉球の人々のDNAは、大陸や台湾とは繋がりがなく、日本民族に似ているという。
⑵主語、目的語、述語、の順で喋る、話し方は日本語と同じであり、言語学的にも琉球と日本は同じ。
⑶沖縄の「エイサー」は、福島の踊りを袋中上人が伝えた念仏踊りであり、文化、習俗の観点からみても、日本と同じである。
根拠のない、翁長知事の発言には要注意。沖縄を独立させ、日本と米国の干渉を無にしたのち、中国の支配下に置こうとする、中国の深謀遠慮に加担しているのでしょうか・・・翁長知事は

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA