東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 橋下代表の発言・・・言論弾圧で封じ込め
2013年5月19日 : 橋下代表の発言・・・言論弾圧で封じ込め

沖縄では米兵が様々な犯罪を犯してきた。勿論、人間なんだから悪い事をする人がいても何ら不思議ではない。しかし、問題は体を鍛えている青年がほとんどで、そのうえ独身だったり、家庭があっても夫人同伴という訳ではない。・・・そうなると、彼らの性的欲求は満たされず、最悪の場合、沖縄の女性を強姦するなどという犯罪に繋がってしまう。
このような現状に危惧し日本維新の会の橋下代表は「米兵は沖縄の風俗を利用してください。」と発言した。その話の流れで、戦時中はどの国も従軍慰安婦を利用した。日本だけが利用したわけではない」と発言。これに対し日本の報道機関は過敏に反応した。そして、橋下さんが従軍慰安婦を認めた、あるいは推進しているかのように報道した。更に海外へ翻訳した際には、風俗を「セックスレイプ」と訳した。性奴隷・・・くらいの意味になる。これでは、どの国でも反発する。案の上、韓国や中国、米国まで反発した。外国では風俗といえば売買春しかないそうだ。橋下代表の発言は違法行為を進めた誤解され、しかも性奴隷システムを推進していると誤解されたのです。
これでは、まるで言論弾圧・・・・議論さえも許さない・・・という感じ。報道機関の罪は重い。いずれにしても、この性犯罪の被害者がいる限り、誰かがこの問題に正面から向き合い解決の方法を考えなければならないことは自明の理。橋下代表が議論を投げかけたが政敵とマスコミが議論も許さず言論を封じ込めてしまったのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA