東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 東京電力の株主総会が荒れた
2018年6月27日 : 東京電力の株主総会が荒れた

今日は、東京電力の株主総会。原発反対派と原発推進派に別れ、意見の応酬。最初に、MH氏が動議。「原発反対派の中には中核、核マルなどの左翼過激派がいて、原発賛成の意見を言うと、身の危険を感じる。質問をする場合、番号だけで氏名を名乗らなくても良いということにしてほしい」と緊急動議を行うと、議長はこれを容れて、「了」とした。以後、賛成派、反対派が交互に質問と主張を繰り返す。特に、原発推進派が発言すると、反対派が酷い野次をとばし、発言できなくなることもあった。いろんな意見があることはいいことだが、自分の主張とは異なるの人の意見も大人しく聞くことが出来ないようでは、総会に出席する資格はない。
総会は、荒れたが、原発は推進することで方針に変わりはなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA