東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 李大統領・・・やっと気が付く
2012年9月10日 : 李大統領・・・やっと気が付く

李明博大統領・・・支持率も20%を下回り、焦って起死回生の一手を打った。それが所謂竹島上陸と天皇侮辱発言。しかし、国民の声は「やりすぎ」「日本とは仲良くすべき」というのが大勢。一部の無知なる跳ね上がりは同調して煽るような行動をとった、学生や俳優が泳いで竹島に上陸したり・・・ところが、この俳優は日本に入国が出来なくなってしまったし、本人が出演するTVドラマの日本での放送も延期になってしまった。すのような事態を迎え、やっと気が付いておとなしくなってしまった。
李大統領もやっと事態に気が付いたようで、最近、大統領府に日本のことに詳しい専門家5人を招き意見を聞いたという。「日韓関係が悪くなった」「こんなことをしても得るものは何もない」と諭された。そして、李大統領は「もうこれ以上騒がない」と発言。竹島での軍事演習も中止することになった。天皇陛下への発言に対しても言い訳に終始したという。但し、謝罪の言葉はなかったそうである。・・・・・起死回生の一手が逆効果だったということになった。晩節を汚した言動であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA