東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 日露戦争がアジアに与えた影響
2014年11月21日 : 日露戦争がアジアに与えた影響

日露戦争における日本の勝利はアジア諸国に多大な影響を与えた。
ベトナムのファン・ボイ・チャウは「日露大戦の報、長い夜の夢を破る」「世界を開かしめた」と回想録に書き
フィリピンでは、後に国会議員となった、エンリケ・コポウラは「アジアの時代が来た。アジアがヨーロッパに対して立ち上がる時が来た」と歓喜した。
インドのジャワハルラル・ネール首相は「日本の勝利はアジアにとって偉大な救いであった」と書いた。
インドの新聞「サメイ」紙は「不屈の力によって勝利を収めた日本に心からの祝福を贈る。日本だけがアジアの名誉を救った」と報じた。
また「ヒタバデイ」紙も「日露戦争の日本の勝利が西欧に対する幻想を解消した。・・・・日本の勝利がインド人を覚醒し、英国と対等という前向きの思想に目覚めさせた」と報じた。
エジプトのムスタファー・カーミールは「日本の発展を模範とし、教訓にしよう」「日本のように強大な権力のもとに民族主義精神を結集すれば、西洋の国々が何年かかっても達成できなかった目標さえ、1日にして成し遂げることができる」とエジプト人を励ました。
トルコでは、女流作家のハリデ・エデイブ・アドゥヴァルが1905年生まれの次男の名前を「ハサン・ヒクメトゥラー・トーゴー」と名付けた。
また、イスタンブールには「トーゴー通り」という名の道路ができた。
フィンランドでは名だたる将軍をラベルにしたビールが出来たが。この中に東郷平八郎もラベルに描かれている。このビールは俗に「東郷ビール」と言われた。
日露戦争でアジア各国は覚醒した、そして第二次世界大戦で日本が西洋の国々をアジアから追い出し、アジア諸国はこれを契機に独立を果たした。
マレーシアでは日本の軍隊を「神の軍隊」と呼んだ・・・。

もっと見る

日露戦争における日本の勝利はアジア諸国に多大な影響を与えた。
ベトナムのファン・ボイ・チャウは「日露大戦の報、長い夜の夢を破る」「世界を開かしめた」と回想録に書き
フィリピンでは、後に国会議員となった、エンリケ・コポウラは「アジアの時代が来た。アジアがヨーロッパに対して立ち上がる時が来た」と歓喜した。
インドのジャワハルラル・ネール首相は「日本の勝利はアジアにとって偉大な救いであった」と書いた。
インドの新聞「サメイ」紙は「不屈の力によって勝利を収めた日本に心からの祝福を贈る。日本だけがアジアの名誉を救った」と報じた。
また「ヒタバデイ」紙も「日露戦争の日本の勝利が西欧に対する幻想を解消した。・・・・日本の勝利がインド人を覚醒し、英国と対等という前向きの思想に目覚めさせた」と報じた。
エジプトのムスタファー・カーミールは「日本の発展を模範とし、教訓にしよう」「日本のように強大な権力のもとに民族主義精神を結集すれば、西洋の国々が何年かかっても達成できなかった目標さえ、1日にして成し遂げることができる」とエジプト人を励ました。
トルコでは、女流作家のハリデ・エデイブ・アドゥヴァルが1905年生まれの次男の名前を「ハサン・ヒクメトゥラー・トーゴー」と名付けた。
また、イスタンブールには「トーゴー通り」という名の道路ができた。
フィンランドでは名だたる将軍をラベルにしたビールが出来たが。この中に東郷平八郎もラベルに描かれている。このビールは俗に「東郷ビール」と言われた。
日露戦争でアジア各国は覚醒した、そして第二次世界大戦で日本が西洋の国々をアジアから追い出し、アジア諸国はこれを契機に独立を果たした。
マレーシアでは日本の軍隊を「神の軍隊」と呼んだ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA