東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 文在寅政権は、クーデター政権
2019年2月14日 : 文在寅政権は、クーデター政権

文在寅政権は、クーデター政権か?
今になって、判明してきたことがある。
1.朴クネ弾劾裁判。崔順実の「国政壟断」の証拠として、JTBCが暴露し検察も主張した「タブレットPC」は崔順実の所有物ではなかった。申恵媛が証言。しかも、そのタブレットPCには、多数の操作した痕跡が発見された。
2.大韓民国憲法84条には、「大統領は内乱と外患の罪以外では、在職中に訴追されない」と明記されている。故に、「大統領罷免」は「憲法違反」である。
3.春川地裁という小さな裁判所にいた金命洙裁判長が、高等裁判所をすっ飛ばし、一気に最高裁長官(大法院院長)になった。前例のない不思議な人事である。金命洙を抜擢したのは文在寅大統領。
金命洙は「国際人権法研究会」の会長を務めている。この研究会は左翼裁判官のサークルで、「裁判を革命の手段と捉える傾向があるという。
4.金命洙が春川の選挙管理委員長だったとき、保守派の金鎮台氏が当選した。金命洙は強引に選挙違反の罪を被せ、当選を無効とした。この件では春川地裁は金鎮台氏を「有罪」とした。しかし、高裁では「無罪」。
最高裁では13人の判事が「無罪」と判断したが、金命洙長官だけが「有罪」と判断した。金命洙は政治的イデオロギーを優先させる裁判官であり、裁判官失格。法の番人ではない。
この金命洙長官が朴クネを裁いた張本人です。イデオロギー優先で朴クネ大統領(当時)は裁かれたのです。

憲法を無視し、捏造された証拠で弾劾された大統領。正しく、文在寅政権はクーデター政権なのです。
朴クネ氏は「どうして、私を汚い人にしたいのですか?」と悲痛に語っている。因みに崔順実から朴クネは一円たりとも金銭の供与を受けた証拠は無い。韓国歴代大統領の中で唯一のクリーンな大統領なのかもしれない・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA