東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 文喜相議長は上皇陛下に謝罪してはいない
2019年11月7日 : 文喜相議長は上皇陛下に謝罪してはいない

一部、日本の報道では「文喜相議長が上皇陛下に謝罪した」とか「上皇陛下に謝罪文を送った」という情報が流された。しかし、文喜相議長自身は「謝罪文を送った」ことを否定している。また、早稲田大学で行った講演を聞いても、文喜相議長は上皇陛下に謝罪はしていない・・・「被害者に誠意ある謝罪の言葉をかけるべきだという、真意が伝わらず、日本の皆様の心を傷つけた」と言う趣旨の発言だ。
結局、上皇陛下に対する「謝罪」は無かったのです。
だから、講演中に学生から「謝罪せよ」「上皇陛下に頭を擦り付けて謝れ」という野次が飛んだ・・・。文喜相議長は「グッ・・・」と言葉が詰まったそうです。
謝罪もしていないのに、日本のマスコミは謝罪したことにしたいようです。
この件については、日韓議連の河村建夫幹事長も「上皇陛下に対する謝罪は無かった」と明確に発言しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA