東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 政策は「国民に教えて下さい」の立憲民主党
2018年12月26日 : 政策は「国民に教えて下さい」の立憲民主党

立憲民主党「今は、白紙の状態。国民からの声を受け取ります。」・・・これは、現在の立憲民主党には、これと言った政策は無い。だから、国民から意見を聞いて政策を考えます・・・と言うことのようです。
・・・・今まで、何をやってたんでしょうか?十分な政務調査比を国から頂いて、調査を進めていたんじゃなかったんですか?やってなかったんですね・・・車で地球を何周も回ったり、週四でホテルで密会に忙しかったですからね。国会を18連休しても、調査・研究はしていませんでした。税金の無駄遣いだったんですね。
結局、自分たちには政策立案能力はないことを告白したようなもんです。そして、挙句の果ては、「国民に教えて」ですから、開いた口が塞がりません。
自民党が吸い上げない、マイノリティーの政策を取り上げるのでしょうね・・・きっと。支持率は3%の政策。例えば・・・
1、辺野古埋め立て反対
2、オスプレイ配備反対
3、徴用工賠償金を支払え
4、憲法改正反対
5、放送法改正反対
6、スパイ防止法反対
7、LGBT保護推進
いくらでも出てきますが、こんな政策を進めるんでしょうか?
ポピュリズムの極みですね。えーかげんにせー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA