東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 政治家を信じられるか?
2015年9月13日 : 政治家を信じられるか?

日曜討論・・・岡本(首相補佐官)さん「戦争での負傷兵の治療のため、医師を派遣しようとした。場所は、戦地から50km離れたところ。しかし、「武力行使一体化」と言う理由で、できなかった。その代償として日本は、3兆円支出した」
日本の場合、困っている国、負傷している兵士を助けてあげられない。これが、現在の憲法から生じる制約。
木村颯太(教授)「それは分かるが、その時の判断を政府に任せるのでは、国民は不安」
・・・解説。その時々で政府が判断するしかない。何故なら、それらの全てを列挙したら、きりがない。更には、敵国に、国家機密を漏洩することになる。
後は政府を信じられるか?・・・という話し。自民党支持者は自分たちが選んだ政治家なので、信じることができる。しかし、野党支持者は、考えが違うし、自分が選んだ人じゃないから安倍首相を信じられない。それだけのこと。信じられない人からみれば、「戦争したい安倍」となる。信じる人から見れば「日本を守ってくれる人」になる。
選挙を見れば、安倍さんが現在のところでは、「最も信頼されている政治家」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA