東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 捏造した資料で総理を攻撃する辻元清美
2018年8月4日 : 捏造した資料で総理を攻撃する辻元清美

チョット前の、国会でのこと。立憲民主党の辻元清美議員が質問に立ち、安倍総理を責め立てた。「歴代の総理は日露首脳会談では、北方四島の名称を声明に書き込んでいる。しかし、安倍総理の場合は書いていない」と攻撃した。しかし、これは、事実と異なり、所謂、資料の捏造。
直ぐに、安倍総理が反撃「2013年4月29日の日露共同声明に、しっかりと書いていますよ。でも、この資料には、そこだけ抜けている・・・・なんで書いてないのかな~?」「意図的に抜かしてるのかな~?」と安倍総理。
すると、辻元清美・・・嘘がバレて、急にトーンが低くなり、小声で「もう一度、調べます」・・・で、調べた結果の公表は無し。おそらく、調べてもいないでしょうね。
捏造された資料で、総理を攻撃するなど、もっての外。卑怯です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA