東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 手詰まり状態の韓国
2019年7月14日 : 手詰まり状態の韓国

「ホワイト国」から除外される韓国。
撤回を要求するため、日本側に「協議」を求めた。しかし、日本に来てみると、冷たい会議室に迎えられた、部屋の隅には椅子が積み上げられている。そして出てきたのは経産省の課長。・・・ホワイトボードには「説明会」と書かれた紙が貼ってある。・・・もう、殆ど門前払い状態。
経産省から、韓国側に30分間冷徹に説明がなされた。
それに対して、韓国側は4時間粘って、ゴネたが経産省課長は無視。
困った韓国政府はアメリカに助けを求めた。
康外相はポンペイオに説明。ポンペイオは「あッ・・・そう」とそっけない返事。但し、これを康外相は「ポンペイオは理解したと言った」と捻じ曲げて報告。
次にはハリス駐韓大使に「助けて」と懇願。
ハリス「断る」
韓国交渉団「経産省の説明には、理解も納得も同意もできない」
これに対して、経産省課長は「協議する問題ではない」と反発。
文在寅「WTOに提訴するぞ。それで『シロ』だったら、日本が謝罪しろ。」
・・・・ほとんど、手詰まり状態の韓国。早く何とかしないと、韓国の崩壊が始まる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA