東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 慰安婦の稼ぎを示す裁判記録が発見
2019年7月18日 : 慰安婦の稼ぎを示す裁判記録が発見

裁判記録の中から、慰安婦の実態を示す重要な記録が発見された。
1992年に、元慰安婦が「郵便局に預けていたお金を払い戻して欲しい」と提訴した裁判記録。
その金額は、1943年6月~1945年9月までの間に12回に亘って入金した合計26,145円。この金額を現在の貨幣価値で計算すると、約4,000万円になる。21か月分の貯蓄が4,000万円とは凄い稼ぎです。
毎月190万円を貯めていました。これでは、高級売〇婦と言うしかありません。
因みに当時の給料は
陸軍大将 550円
伍長    20円
上等兵   10円
以上、その程度です。慰安婦が如何に高待遇されていたかが分かります。
日本軍人は、重要な常連客であり、感謝こそすれ恨んではいけません。しかし、客の中には、技術が伴わず、慰安婦を困らせてしまったこともあったようです。
その点は謝った方が良いかもしれません。但し、それは個人的な問題であり。国家が謝罪する問題ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA