東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 尖閣に上陸した人たち
2012年8月21日 : 尖閣に上陸した人たち

香港の活動家14人が尖閣に上陸し、中国の国旗を掲げた。警察はすぐに逮捕し、沖縄に連行し強制送還の措置を取った・・。この時、どのような措置をとるか・・・難しいところである。しかし、この活動家、帰国すると地元で大歓迎・・・『英雄』として扱われた。そして、「10月にもまた、尖閣に上陸する」と公言している。
そりゃそうでしょう、「英雄」になるんだから。この活動家だけでなく、次から次へ「英雄」になりたくて同じことを決行する輩が出てきても不思議ではない。
そして、対抗して昨日日本人10人が尖閣に上陸した。しかし、この行為は「軽犯罪法」に触れるのだそうだ・・。上陸したある政治家は「風に煽られて海に落ちてしまった、必死で泳いでいたら尖閣に着いてしまった。日の丸はいつも持っていたので掲げました」と発言していた。なるほど、それだったら仕方ないでしょう。でも、「日の丸が濡れてしまったので、乾かすために日干ししました」と言ったほうが良かったと思うな・・・。
今後、尖閣には「入国管理局」と「警察署」を設置し、お土産やさんも置いて観光スポットにしたらいいのに・・・と思う。勿論、外国人にはパスポートとビザを提示してもらいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA