東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 少人数の葬儀は、自己負担の大きな葬儀
2013年3月19日 : 少人数の葬儀は、自己負担の大きな葬儀

香典返し・・・・葬儀に参列すると、香典返しなるものが帰りに渡される。しかし、この香典返し・・・頂いて喜ぶ人は少ない。「要りません」と受け取りを拒否する人もたまにいます。香典返しは「半返し」と言われ、香典の額の半額の物をお返しします。都内なら大体3,000円位・・・香典は5千円か1万円が相場、3千円のものを返しておけば全部OKという訳。しかし、香典の平均が7千円としてみると、・・・・・3千円分料理を食べて、千円分吞み、3千円分のお返しを貰ったら・・・7千円になってしまう。
香典とは、本来、「葬儀料の足しにして下さい」という気持ちを表したもの。できれば香典で葬儀をあげられるのが理想。でも最近の葬儀では、必ず、自己負担が生じる。ほとんど100万円が自己負担となる。この額は、何人の葬儀でも変わらない。30人だろうと100人だろうと・・・・皆、香典を持参してくるから・・・。
私が常々思うのは・・・香典は出すが、香典返しは貰わない・・・・これでいいと思う。そうすれば、施主の負担は軽減する。
また、多くの方は、人数を少なくすれば葬儀料が安くなると勘違いしているようです。しかし、少人数の葬儀は自己負担の大きな葬儀であり、大人数の葬儀は自己負担の少ない葬儀になる。数百名になれば自己負担がゼロという場合もある。無駄を省き、自己負担ゼロの葬儀を実現したいものです。このことが理解できたら、案外また大人数の葬儀が流行りだすかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA