東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 大統領と話し合おうじゃないか・・・・両替の間違い
2013年8月1日 : 大統領と話し合おうじゃないか・・・・両替の間違い

最近、聞いた話し。ある人が数人で韓国へ行った。目的は不明。一行はまず銀行で両替をすることにした。後で分かったことだが、その中の一人の両替金額が間違っている様子。
他の人達との金額を比べて分かった。10万円を両替したのだがどうも20万円分が還ってきた。
その方、両替した銀行も空港にあり、行く時間もないため、ありがたく遣わせてもらうことにした。そして、神様のプレゼント・・・とばかり、大判振舞いで食事したり、買い物をした。ところが、2日後のこと、銀行の職員がホテルに訪ねてきた。そして、「両替の金額を間違えた、返して欲しい」と言っていることがわかった。しかし、その後に付け加えた言葉に、カチン・・・と来てしまった。・・・・その職員「返さないと、たいへんなことになる」というような意味のことを言ったのである。
それを聞いた、別の人「この件については、大統領と話し合おうじゃないか」と言って返した。
結局は、返したのだが・・・・これが、日本人なら、きっと、自分のミスなので、自分のお金で埋め合わせるでしょう。また、返してもらう場合でも「申し訳ありません、私のミスです」と言うでしょう。しかし、韓国人は違う・・・兎に角、謝りたくない民族のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA