東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 報道番組を見ていて・・・
2014年12月28日 : 報道番組を見ていて・・・

風邪をひいて熱が出たため、朝からTBSの報道番組をみている。「機密保護法」や「集団的自衛権」などの政治的な話題になると、岸、姜、真鍋…等のコメントは聞くに堪えない。所謂、滅茶苦茶。
先ず、集団的自衛権について、真鍋かおりは「海外に出ることを、自衛隊員が納得しないと・・・」と言う。これは自衛隊員に対し失礼な話し。防衛大学でも自衛隊でも、彼らは常に「国家と国民のために命がけで護る」ことを誓っている。
岸井というコメンテーターは「憲法9条を守って戦争をしないのが平和だと思っている人の方が良識派には圧倒的に多い」と言う。そんなアホな・・・社会の指導層はほとんど自民党支持者であり、安倍首相の政策を支持している。12月の選挙でも国民は指示した。
また、菅原文太さんにも困ったものだ。彼は「政治家の使命は先ず、国民を飢えさせないこと。次が、もっと大事で、戦争をしないこと」と発言。この言葉は聞こえはいい、しかし、とんでもない内容。外国が攻めてきた場合、国は責任を持って戦い、国民を守らなければならない。この姿勢が見えなくなると、韓国大統領の竹島上陸、ロシア大統領の北方四島上陸、尖閣近海における領海、領空侵犯などが始まる。今、中国は尖閣諸島、沖縄を奪取しようと目論んでいる。韓国は竹島をほぼ自国のものにしてしまった。今後は、対馬も奪おうとしているではないか・・・。
TVの、このような、滅茶苦茶なコメントを日々聞かされていたら、国民もかなりの人が影響され、洗脳されてしまう。
政治とカネの話題では・・・小渕さんのワインや松島さんの団扇は出るが、民主党の蓮舫の団扇や菊池議員のワインは出ない・・・。偏っている。
報道は、公正で真実をお願いしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA