東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 土井たか子の所業
2014年9月29日 : 土井たか子の所業

1988年9月、北朝鮮に拉致された石岡さんから、有本さんに手紙が届いた・・・命がけで書いた手紙で、検閲を免れ奇跡的に届いたもの。有本さんは藁にもすがる気持ちで、当時、社会党の土井たか子の元に相談に行った。・・・しかし、土井たか子は、これを無視したばかりか、朝総連に報告した。・・・・2か月後の11月、石岡、有本夫妻の死亡の報告が北朝鮮から日本に届いた。
死者に鞭打つ行為は控えたい・・・・そういう気持ちは勿論ある。しかし、この土井たか子の行為は言わずにおけない。更には、・・・・もう20年も前のことだが、弊社取締役に、韓国の挺身協代表の尹教授から「訪日するので、衆議院会館で会いたい・・・」という連絡があった。私も同行して、挺身協代表の尹教授に会った。すると、そこに、土井たか子の秘書が現れ、封筒に入った現金を手渡した。・・・挺身協の運動のスポンサーは土井たか子だった。あるいは、社会党か?
いずれにしても、従軍慰安婦の活動の背後には社会党と土井たか子がいた。
拉致被害者は無視し、ありもしない従軍慰安婦にだけ焦点をあてた、社会党の歪んだ思想が露呈した。・・・私は、この目で見ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA