東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 国旗を大事にする羽生選手
2018年2月18日 : 国旗を大事にする羽生選手

平昌オリンピック、フィギュアスケート男子。
羽生結弦が金メダル、宇野昌磨が銀メダルを獲得。見事でした。
別の大会の時の事ですが、羽生選手は、インタビューを受けた。
すると、羽生選手は荷物を下に置いたが、国旗は下に置かず、「国旗を誰か—-お願いします。国旗を下に置く訳けにはいかないので」と言い、側にいた女性に預けた。
国旗を大事にする心が伝わります。
勿論、羽生選手と宇野選手は、国旗を持って、ウイニングランを行ないました。
よく、学校などで、「国旗に敬礼をしたく無い」と言う先生がいますが—-彼等は、何と言うのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA