東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 国会議員の質に問題あり
2015年3月23日 : 国会議員の質に問題あり

国会議員の質に問題があります。特に、民主党に「辞めて欲しい」議員が大量にいます。最近では、小西洋之という議員。予算委員会は次年度の国家予算を決める委員会。これを決めないと、予算の執行ができない。しかし、この予算委員会の場で、予算とは無関係の質問ばかりするのが、この御仁。前回も安倍首相に向かって「憲法第13条をしってますか?」と質問。安倍首相は「国会は、クイズ番組ではありません」と対応した。しかし、小西議員は「知らないのか」と、得意満面。
今回も憲法の話しを持ち出した。しかも、屁理屈を並べるばかりで、何を言いたいのか良く分からない。更に、悪いのは、安倍首相に対して指を指しながら・・・・官僚の事は「狂信的な官僚」などと言う始末。
安倍首相も腹に据えかねて「言葉や態度に気を付けなさい、議員として不適切だ」と対応。議長からも注意の言葉が発せられた。
テレビで見ていると・・・小西さん、あなたが狂信的な危ない人物に見えますよ・・・と言いたくなる。指を指して罵るような発言は、見ていて、「見苦しく、下品」。本来の予算の質問をしたら?と言いたくなる。
昨日、私は、小西議員のツイッターに投稿し、質問した「中国軍が尖閣に上陸したら、憲法でどのように対処するのですか?・・・北朝鮮が核ミサイルを発射し、日本の領土に着弾して日本人が死んだら、憲法第9条でどのように対処されますか?」・・・・日本を取り巻く環境は、非常に緊迫しています。・・・未だに、返事はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA