東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 和田政宗候補に暴行・・・犯人は辺野古反対活動家
2019年7月12日 : 和田政宗候補に暴行・・・犯人は辺野古反対活動家

参議院議員選挙で苦戦している、和田政宗候補。菅官房長官が応援のため仙台に入った。
和田政宗は愛国心溢れる保守の政治家。しかも、HNK出身とあって、マスコミの出口、悪どさも十分に承知している。今後の日本の改革に必要な人材。
仙台の繁華街を歩きながら握手をしていると、一人の男性が近づいてきた。和田候補は握手を求めてきたのかと思い、手を差し出した。すると、その男性は突然、和田候補の胸を殴打した。
これは悪質な選挙違反であり、暴行事件でもある。身元は直ぐに特定された。犯人は辺野古反対活動家だった。
和田候補は、以前、辺野古まで行き、現地で反対活動家と議論している。勇気ある政治家である。
そんな政治家だから、左翼活動家の標的になったと思われる。
共産主義思想は、暴力によって体制を変革させようとする理念。そのため、懸命に不安を煽り、不満を増加させる・・・これが彼らの言論の根底にある。正しく、歪んだ思想と言えます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA