東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 古賀茂明氏のとんでも発言
2015年4月17日 : 古賀茂明氏のとんでも発言

古賀茂明氏が外国人特派員協会で講演した。そこで、古賀氏は政府からメディアに対して圧力があったと話した。憲法でも放送法でもメディアの言論の自由は保障されている。しかし、同じ放送法では「真実を報道」するように書かれている。国民に嘘を報道してはいけない・・・当然の事です。ところが、古賀氏の発言には嘘が多い。アベノミクスの成功は誰もが認めるところ。選挙前には民主党の枝野幹事長も渋々認めた。しかし、古賀氏は「アベノミクスは大失敗だ」と言い続けた。
こんなデタラメばかり言っているから、放送法違反ではないかと政府は抗議したものである。自民党からも「公平な報道をするように」という当然のことを伝えたが、報道機関は「言論弾圧」と言う。報道機関は「何を言ってもいい、嘘でもいい」と勘違いしているようです。とんでもないことです。特に、古賀氏の発言は古館氏も慌てるほど常軌を逸し、事実を逸脱した発言でした。
今後は、報道機関は「真実を報道すべし」ということに徹していただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA