東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 保守には言論の自由はない?
2015年6月27日 : 保守には言論の自由はない?

自民党の青年部の勉強会で百田尚樹氏が講演。その中でマスコミの偏向について語った。するとある議員は「広告を出さないようにすれば新聞は困る」などと意見を述べた。勉強会後の雑談時に百田氏は「沖縄の2紙は潰さないといけない」と発言した。・・・何ていいことを云うんだろう。と多くの人が喜んだ。
ところが、報道機関は、反対に反応した。「報道の自由を侵す」「言論弾圧だ」とコメンテーターは発言した。国会でも、一民間人の発言であるにも拘わらず、あたかも安倍首相の責任であるかのごとく野党議員は騒いだ。仕方なく、自民党執行部は木原青年局長を更迭して事態の収拾を謀っている。安保法制で大変なときに余計なことで拗らせたくないのが自民党。
しかし、野党は議論もさせず安保法制を廃案に追い込もうとしている。マスコミの嘘はつき放題で謝罪もない。・・・みずからは言論弾圧や虚偽の報道をしている。そして誰かが、マスコミを「嘘つき」だとか「偏向している」「潰せ」などと言うと、「言論弾圧」だと云って噛みついてくる。・・・手前勝手もほどがある。自分のことを棚に上げるのはとっても上手です。
それにしても、百田さん・・・正直な人なんですね。本当のことを言っただけなのに・・・.保守には言論の自由はないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA