東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 丸山穂高議員糾弾決議の不条理
2019年6月7日 : 丸山穂高議員糾弾決議の不条理

丸山穂高議員に対する、「糾弾決議案」が国会にて可決された。
但し、この決議に法的拘束力はない。
そりゃそうだ、選挙で選ばれてきた議員が、法律も犯していないのに、他の議員から「不品行」を理由に辞職を迫られるとは・・・筋違いだ。
ならば、委員会の席上で暴行を行った津田弥太郎はどうなんだ?タクシー内でセクハラを働いた初鹿は?事務所でセクハラを働いた青山は?他人の旦那を寝取った山尾志桜里は?選んだのは、国民であって議員では無い。
小泉進次郎議員は採決の時に退席をした。これは賢い判断。
評論家の三浦瑠麗さんは「集団で一人の不品行を糾弾することが恐ろしいことだと言うことは、歴史を見れば分かる」・・・と、言っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA