東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 中国の潜水艦が尖閣の接続水域に侵入
2018年1月15日 : 中国の潜水艦が尖閣の接続水域に侵入

尖閣諸島の接続水域に中国の潜水艦が侵入した。この潜水艦は原子力潜水艦の可能性があるという。
中国側は、自国の水域に日本の船が侵入しないか監視しているのだそうだ。
ところで、何故、中国の潜水艦の存在が分かったかというと—-中国の潜水艦は、凄く大きな音を出して航行するから発見できるということです。因みに、日本の、潜水艦は世界一静かで、世界一深く潜れて、世界一別の潜水艦を発見する能力があります。
しかし、これを続けられ、いつの日か、船が故障したとか言って、尖閣に上陸し、そのまま居座ったら—-実効支配になります。
その前に、何か施設を作り、人員を配備する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA