東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > 不法移民が文化を壊す
2018年12月17日 : 不法移民が文化を壊す

中南米から多くの難民か移民か不明な人たちが数千、数万の単位でアメリカの国境に押し寄せ、国境を越えようとする。勿論、ヴィザもパスポートもない。このような人たちは当然、仕事にも就けない。手持ちの僅かな所持金が無くなれば、その中の多くの人は窃盗、強盗に走る。強姦、暴行も起こる。同様の事件がEUでも頻発しているため、イタリア、フランス、イギリス、など各国では、難民排斥を政策にする政党が躍進している。
トランプ大統領が「良い移民はどんどん来てください。しかし、不法移民は出て行け」というのは当然の主張です。
中にはカバンに子供を隠して入国しようとする者もいる。
多文化共生・・・これは綺麗ごとにすぎない。異文化が既存の文化を崩壊させているのが、EUや米国の現実です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA