東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > トランプ大統領を迎えた韓国
2017年11月8日 : トランプ大統領を迎えた韓国

トランプ大統領を迎えた韓国大統領の文在寅。
まず、両首脳は在韓駐留米軍基地を訪問した。トランプは横田基地の時のように、スピーチをしたかったが、その前に、何と、文在寅が長々と演説をした。そのため、トランプは満足に演説ができなかった。
両首脳の会談は10分で終了した。ほとんど、挨拶程度。会談中もトランプは「心ここになく」の状態で、落ち着きがなくソワソワしていた。
歓迎晩餐会では、なんと慰安婦が招待されていた。年齢88歳・・・どうも計算が合わない。戦後72年が過ぎたのに・・・終戦時は16歳?とすると、13歳か14歳のころに慰安婦になったことになる。おそらく朝鮮動乱の時の慰安婦なんだと思う。
慰安婦がトランプの前にくると、接近しトランプに抱き着いた・・・トランプは瞬間的にハグをしたが、すぐに離した。明らかに儀礼的に合わせただけ。手は拒否しているようにも見える。いずれにしても、公式な式典に「娼婦」を招くのはいただけない。
料理は、日本の海(竹島)で獲れた「独島エビ」。他にもエビらしきものが出ていたが、小さくて「ザリガニ」みたい。
箸は金属製で使いにくい・・・。
どうも、歓迎しているようには見えない。トランプもそのように感じたに違いない。ましてや、日本に対する嫌味のような演出。これもトランプには面白くない。
韓国政府が準備したホテルは辞退し、別のホテルに宿泊した。それでも、ホテルの周りには「反トランプ」のデモが取り巻いている。
これは、政府の責任で止めさせるべきです。
流石にトランプも呆れたのでしょうか?翌朝、約束していた場所には行かず、帰路に就いた。文在寅は一人で「待ちぼうけ」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA