東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > デモ隊を「テロリスト」にしたい中国当局
2019年9月2日 : デモ隊を「テロリスト」にしたい中国当局

香港のデモは未だに続いている。「逃亡犯改正条例」の撤回を求めて、数十万人のデモが連日行われている。何とか鎮圧したい中国共産党は人民解放軍を待機させている。いつでも武力で鎮圧することができる状態にある。
但し、これをやったら、国際的な批判にあう。
だから、取り敢えずは、地元のヤクザに金銭的な報酬を与えて、デモ隊に暴力を試みた。それでも収まらない為、今度は警察を投入。次々とデモ参加者に暴力を振るう。
また、デモ隊が「テロリスト集団」だと印象付ければ、人民解放軍を投入できる。そのため、警察がデモ隊のふりをして火炎瓶を投げている。
警察に暴行を受けた人は1,000人に及ぶ。また、腰に拳銃を下げた警官が火炎瓶を投げる姿が多数目撃されている。
周庭氏と黄之峰氏が一時拘束されたが、脅しに屈せず、釈放された模様。
香港の姿は未来の台湾、沖縄の姿。世界からエールを送りたい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA