東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > ガンは放置するのがいい。抗癌剤は劇薬・・・
2013年6月26日 : ガンは放置するのがいい。抗癌剤は劇薬・・・

慶應病院の放射線科の近藤誠医師の著書を読んでいる。「ガン放置療法のすすめ」「余命3ヶ月のウソ」「どうせ死ぬならガンがいい」を読み終え。今、「ガン治療で殺されない七つの秘訣」を半分まで読んだところ・・・。この方の言いたいことは「ガンは手術せず、抗癌剤も使用しない放置しておくのがベスト」というもの。このことを150人の臨床データや統計から明らかにしている。まさに「目からウロコ」とでも言うべきか。
日本のガン治療の問題点が炙り出されてくる。現在の日本の医療では、「ガンは早期発見し、治療すれば治る」「ガンは苦しみ、苦痛を伴う病であり、放置すると死に至る」「抗がん剤を投与すれば延命効果がある」・・・以上のような神話が出来上がっている。しかし、事実は全く異なる。
ガンの多くは放置しても、苦痛もなく苦しみもない、そして自然死のように苦しまず死にゆくのです。そして、治療するよりも延命できるという事実。
ガンの手術をすれば、身体に傷が入り、体力が弱くなる。癌は弱ったところに集中的にできるので、この手術跡に癌はかなりの率で再発する。また、抗癌剤は「劇薬」であり、長期間に亘りこれを投与すれば患者は確実に死ぬ。
さらに多くのガンは「ガンもどき」であり、放置しても何ら人体に害を与えず、長生きできる。また自然消滅するものも多い。
進行性で転移する悪性のガンはほんの僅か、そしてこの悪性のガンにかかったら手術をしても治らない。還って苦痛を伴い、死期は早まる。悪性でも放置しておけば、余命を苦しまずに過ごせる・・・と言う事実。
実は、日本の医師はこのことを知らない。何故なら、ガンが発見されると日本では、全て手術してしまうから。
これらの事実を具体的な臨床例を紹介して説明している。検診すらしない方がいい・・・と言っている。晩年になればかなりの確率でガンが発見される。そして、治療を薦められる。これは、かなりの精神的負担になる。また、検診により受ける放射線は5ミリシーベルト。これは、原発汚染で労災の補償対象になる年間被ばく量に匹敵する。CTスキャンに至っては1回の被曝量が10ミリシーベルトに及ぶ、ほとんどの場合、CTスキャンは造形剤を飲んでからもう一度スキャンするので、2回行うことになる。すると20ミリシーベルトを1日で浴びることになる。この数値は、原発の場合「避難命令」がでる数値。医療被曝はとても恐ろしいのです。検診やCTスキャンによって、ガンが作られているという恐ろしい事実があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA