東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > オリンピック招致、最終プレゼン始まる
2013年9月7日 : オリンピック招致、最終プレゼン始まる

2020年のオリンピック開催地を決める最終プレゼンが始まった。多くの日本国民は東京での開催を望んでいると思う。しかし、中には反対の声も時折耳にする。
今日のTVでも「震災復興が進んでいない状況で、オリンピックどころではない。何を優先するべきか考えろ・・・」という意見が出ていた。・・・金持ちがいなければ生活困窮者を救うことはできない。日本が元気で国家予算が十分なければ、復興の予算は不十分になる。これは当たり前のこと。オリンピックを招致できた場合の経済効果は100兆円とも150兆円とも言われている。アベノミクスが緒に就いたばかりで、景気が少しづつ上向いてきた今、ここにオリンピックの東京招致を決めることによって、尚、景気の向上を早めることが可能となる。これは確実なことである。豊かになった東京、および日本が被災地に復興に力を注ぐことができるようになることも当然なこと。
また、「オリンピックが来たら、道路が混雑するし渋滞になるかもしれない。事故も増えるかもしれないから反対」という人がいた。でも、これは「レストランに客が沢山きたらゆっくり食事ができないから、客が少ない方がいい」というのに似ている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA